NEWS

お知らせ

NEWS

2018年12月27日 18時00分

『ハワイで夢を叶えた「パシフィック・リムカップ」に学ぶ海外スポーツビジネス』BLUE UNITED特別セミナー開催!

2018年12月5日(水)、FROMONE SPORTS ACADEMYで『ハワイから日本のサッカービジネスを変える!バルサ、MLSを渡り歩いた男の突破力を学ぶ』と題したBLUE UNITED特別セミナーが開催された。

セミナーにはBlue United CorporationでPresident & CEOを務める中村武彦氏が登壇。セミナーに先駆け、MLS、バルセロナでキャリアを積んだ同氏のインタビューを実施したので、こちらも是非ご一読いただきたい。
https://www.soccer-king.jp/news/business/20181113/862127.html

中村氏のビジネスマンキャリアはNECから始まった。ご存知の通り、国内最大手の電機メーカーだが、サラリーマンとして働くということに不安を感じたという。そして、「何かの専門家にならなければ世界で通用しない」と思い、自分がこれまでプレーしてきたサッカーで戦うために、単身アメリカへの留学を決意した。

スポーツビジネスを学び、大学院卒業後にはMLS(メジャーリーグサッカー)に入社。2008年には在学中に卒業論文で企画した『パンパシフィック・チャンピオンシップ』を自ら立ち上げた。しかし、「ベッカムの活躍により大成功に終わったが、大会が買われてしまいオーナーの都合により継続することが叶わなかった」と、志半ばの挫折を語った。

その後、バルセロナでクラブ経営に携わり、LOSMの立ち上げに参画。そして2012年に『ハワイアン・アイランズ・インビテーショナル』という名前で復活するも継続には繋がらず、「自分がオーナーになって大会を運営するしかない」と思い、2015年にBlue United Corporationを設立した。

中村氏はこれまでを振り返り、「様々な企業で仕事をしてきたが、これまでやってきた仕事は全て一緒だったな」と話す。さらに、「日本人である自分が誇りを持ってやれる仕事はなんだろうと考え、39歳の頃にBLUE UNITEDを立ち上げた」と、自ら起業した経緯についても語った。

そして、ようやく自分の思い描いていた大会である『パシフィック・リムカップ』を2018年に開催。世界的スポーツブランドのアンダーアーマーとの協業だった。大会の運営には計200名のスタッフを揃え、コアメンバーは各国で12名にまで上った。「電話会議一つするのも各国と調整しなければいけないので時差の問題が一番大変だった」という。

また、中村氏は「今後は少年から高校生、女子大学サッカー、eスポーツ、プロ選手と1週間のサッカーフェスティバルを企画してプロパティの価値を高めていきたいと考えている」と今後の展開も語った。

そして、2019年2月ホノルル(ハワイ)のアロハ・スタジアムにて『パシフィック・リム・カップ 2019』の開催が決定した。第1回大会に引き続き、今大会もアンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドームがタイトルパートナーを務めることが決定している。

日本からはV・ファーレン長崎といわきFCの参戦が決定。大会の盛り上がりに注目だ。

大会の詳細はこちら